関守(読み)せきもり

精選版 日本国語大辞典「関守」の解説

せき‐もり【関守】

〘名〙
関所役人所の番人。関の関守。比喩的に人の往来、特に男女の恋の通い路をはばむものにもいう。
※万葉(8C後)四・五四五「わが背子が跡踏み求め追ひゆかば紀の関守い留めてむかも」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)尿前の関「此路、旅人稀なる所なれば、関守にあやしめられて、漸として関をこす」
② (物を通したり通さなかったりするところからか) 笊籬(いかき)、笊(ざる)をいう女房詞。
※女重宝記(元祿五年)(1692)一「いかきは せきもり」
③ 江戸時代、江戸吉原の大門の四郎兵衛のこと。
※雑俳・柳多留‐三三(1806)「関守は手の有る鳥と気がつかず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android