関本(読み)せきもと

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関本(神奈川県)
せきもと

神奈川県南足柄(みなみあしがら)市の中心市街地で、市役所があり、小田原駅から伊豆箱根鉄道大雄山(だいゆうざん)線が通じる。古代の東海道坂本駅家(うまや)の本村で、中世は関本宿と称した。足柄関の東麓(とうろく)にあるので名づけられた。江戸時代には脇(わき)往還矢倉沢(やぐらさわ)往還の宿場町で、いまにその名残(なごり)がみられる。曹洞(そうとう)宗の大寺大雄山最乗(さいじょう)寺の参拝口にあたり、近くにこの地の豊富な湧水(ゆうすい)と塵埃(じんあい)の少ない空気の利用に始まる富士フイルム工場がある。[浅香幸雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関本の関連情報