往還(読み)おうかん

精選版 日本国語大辞典「往還」の解説

おう‐かん ワウクヮン【往還】

〘名〙 (「おうがん」とも)
① 行き帰り。ゆきき。往来往復。おうげん。
※続日本紀‐和銅二年(709)二月丁未「地界広遠。民居遙隔。往還不便」
※仮名草子・竹斎(1621‐23)下「田舎よりのわうくんの旅人、かの清見に立寄り」 〔郭璞‐江賦〕
② 行き帰りの道。通り道。街道。おうげん。
※虎寛本狂言・禰宜山伏(室町末‐近世初)「おのれは往還で茶屋をしながら、茶のあついぬるいを知らぬと云事が有物か」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「往還」の解説

おう‐かん〔ワウクワン〕【往還】

[名](スル)
道を行き来すること。往復。往来。「東京と大阪とを往還する」
人などが行き来するための道。主要な道路。街道。
「丘の下の―に出ると」〈寅彦・写生紀行〉
[類語]本道街道交通道路運行通行運転走る通る走行往来行き来行き交い行き帰り来往行き戻り去来通う通い往復

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「往還」の解説

【往還】おうかん(わうくわん)

ゆきかえり。往来。交際する。唐・王維〔張五弟に答ふ 妨げず、を飮み復(ま)たを垂るるに 君但だ能く來り、せよ

字通「往」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android