コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足柄関 あしがらのせき

3件 の用語解説(足柄関の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

あしがらのせき【足柄関】

足柄峠東麓とうろくに置かれた古代の関。899年、上野こうずけ国の強盗蜂起ほうきに対処するために設置。一三世紀初め頃に廃絶。⦅歌枕⦆

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

足柄関【あしがらのせき】

古代の官道である相模国足柄坂(足柄峠)に設置された関所。現神奈川県南足柄市西方の静岡県との境付近にあったとみられる。899年,国内での群盗蜂起に苦慮した上野国は,その検問のために相模国とはかって関の設置を申請し認められ,東山(とうさん)道碓氷(うすい)坂と同時に,足柄坂に足柄関が置かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あしがらのせき【足柄関】

古代,相模国足柄坂に設けられた関所。古代官使の東海道往復は足柄越であったが,802年(延暦21)富士山噴火のため新たに箱根路が開かれた。翌年足柄路が復活したが,以後古代・中世を通じて両路が使用された。899年(昌泰2)東山道の碓氷坂とともに足柄坂に関が置かれた。これは当時群れをなした強盗が百姓を害し荷駄の略奪をしたため,その群盗追討に苦慮した上野国が国境碓氷坂での検問を目的として,相模国とはかって太政官に申請したものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の足柄関の言及

【関所】より

…三関は789年(延暦8)7月停廃され,それに伴い他の関の勘過機能も消滅していったが,それ以後も重大事発生の際は三関の固関は行われ,また特に辺境の軍事的関は存続したようである。それとともに強盗をなす僦馬(しゆうば)の党の取締りのために,899年(昌泰2)相模国足柄(あしがら)関,上野国碓氷(うすい)関を置いたように,特定の事件,状況に対する治安維持策として軍事的機能をもつ関の新設がなされたが,一般的な交通制限は行われず,全体として古代の関の制度は形骸化していった。【館野 和己】
[中世]
 令制下の古代の関や江戸幕府による近世の関所はいずれも軍事警察上の必要から設置された。…

※「足柄関」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone