コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関松窓 せき しょうそう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関松窓 せき-しょうそう

1727-1801 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)12年生まれ。井上蘭台(らんだい)にまなび,寛延3年昌平黌(しょうへいこう)にはいり,のち上野(こうずけ)前橋藩儒となる。折衷学を主張した。享和元年4月5日死去。75歳。名は修(脩)齢。字(あざな)は君長。通称は永一郎。著作に「論語略説」「国語略説」「韓館(かんかん)贈答集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関松窓の関連キーワード平井澹所市河寛斎酒井忠道

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android