コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上蘭台 いのうえ らんだい

3件 の用語解説(井上蘭台の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上蘭台 いのうえ-らんだい

1705-1761 江戸時代中期の儒者。
宝永2年1月1日生まれ。井上四明の養父。林鳳岡(ほうこう)にまなび,林家の員長となる。元文5年備前岡山藩につかえる。折衷学の基礎をきずいた。宝暦11年11月27日死去。57歳。江戸出身。名は通煕。字(あざな)は叔,子叔。通称は嘉膳。別号に図南。著作に「馴象俗談」など,遺稿に「蘭台先生遺稿」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

井上蘭台

没年:宝暦11.10.27(1761.11.23)
生年:宝永2.1.1(1705.1.25)
江戸時代中期の漢学者。江戸の人。一説に4月20日生まれ。名は通煕,字は叔,子叔,通称は嘉膳。蘭台,図南などと号す。玩世教主の戯号がある。幕府医官井上通翁の3男。はじめ信州で天野曾原に入門,のちに江戸に出て昌平黌に入り,林鳳岡に師事。門下の逸材と称され,25歳で林家員長となる。36歳のとき,備前岡山藩の儒官となったが,生涯の大半を江戸で送った。自由な学風を持ち,多くの門人を育てて折衷学の基礎を築いた。また,洒脱な一面もあり,漢文戯作なども残している。<参考文献>中野三敏「井上蘭台」(『近世新畸人伝』)

(高橋昌彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いのうえらんだい【井上蘭台】

1705~1761) 江戸中期の儒学者。名は通熙、字あざなは子叔。林鳳岡門人。岡山藩儒。折衷学の基礎を築く。門人に井上金峨がいる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井上蘭台の関連キーワード日下部高豊佐保穀我末包金陵惣領甚六(初代)端春荘樗雲貞佐(1)丹羽雲気墨隠帒一

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone