関川(読み)せきがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関川
せきがわ

旧称荒川。新潟県南西部,妙高火山群の焼山に発し,高田平野を北流して日本海に注ぐ全長約 64km。上流野尻湖に発する池尻川を合流し,さらに別所川,保倉川,大田切川,矢代川,青田川の各支流を合流する。上流の 12の発電所からの電力は上越の工業地区に供給され,さらに水は農業用水として高田平野の穀倉地帯をうるおし,工業用水として直江津臨海工業地区に供給されている。支流矢代川と関川との合流点から下流を荒川と呼んでいたが,1969年4月に一級河川に指定され,それ以後関川の名に統一された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関川
せきかわ

新潟県南西部の高田平野を貫流する川。高田の稲田(いなだ)橋より下流は荒川とよぶ。一級河川。長野・新潟県境の妙高(みょうこう)火山群の焼山(やけやま)付近に源を発し、妙高、黒姫(くろひめ)の火山裾野(すその)をうがって高田平野に出、直江津(なおえつ)で日本海に注ぐ。延長64キロメートル。流域面積1140平方キロメートル。谷口の妙高市新井地区あたりで左岸支流矢代(やしろ)川、儀明(ぎめい)川、右岸では櫛池(くしいけ)川、別所(べっしょ)川、飯田(いいだ)川などが放射状に本流に流れ込み、複合扇状地を形成する。河口付近の支流保倉(ほくら)川は東頸城(ひがしくびき)丘陵から流れ出し、平野部では小蛇行地形、砂丘裏には大瀁(おおぶけ)低湿地を形成する。上流には笹ヶ峰(ささがみね)の多目的ダムがあり、西野、高沢、杉野、池尻(いけじり)、関川など多くの発電所と、工業・飲料用水源に利用されている。下流は工業地域の発達で水銀汚染がひどく、県下有数の汚染河川となっている。

[山崎久雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せき‐がわ ‥がは【関川】

〘名〙 関所の近くを流れている川。特に近江国(滋賀県)逢坂関の付近を流れる小川が知られる。
※寛平内裏菊合(891頃か)「逢坂の関の菊 この花に花尽きぬらしせきかはのたえずも見よと折れる菊の枝」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android