コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐波川 さばがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐波川
さばがわ

山口県の中央部を南流する川。全長約 56km。島根県との県境付近の山地に源を発し,南西流して中流部で支流島地川を合せ,防府市で大海湾に注ぐ。上流の佐波川ダムによる大原湖長門峡県立自然公園に属する。付近には野谷石風呂佐波川関水が残りいずれも史跡に指定,徳地半紙の生産地でもある。下流は三角州平野で,河口付近はもと三田尻塩の産地であったが,いまは工業用地に転換。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さば‐がわ〔‐がは〕【佐波川】

山口県中央部を流れる川。島根県との境の冠山(かんむりやま)山地に源を発し、佐波川ダム(大原湖)を南流してさらに南西流し、防府(ほうふ)市北西部で周防(すおう)灘に注ぐ。長さ56キロ。下流に県内最大の防府平野を形成、流域は有数の穀倉地帯。鯖(さば)川。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さばがわ【佐波川】

山口県中部を流れる川。鯖川とも書く。佐波郡徳地(とくじ)町の北東部の県境山地に発し,ほぼ南西流して防府市で周防灘に入る。幹川流路延長56km,全流域面積446km2。上流にはアカマツの良材を産する滑山(なめらやま)国有林があり,中流には1956年完成の県営佐波川ダム(大原湖)があって農業用水と防府市の工業用水を供給している。支流島地川との合流点に徳地町の中心集落堀があり,80年,近くに中国自動車道の徳地インターチェンジが設置された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕佐波川(さばがわ)


山口県中部を流れる川。1級河川(佐波川水系)。延長56km。流域面積460km2。鯖(さば)川とも書く。島根県境の三ツヶ(みつが)峰(標高970m)に源を発し、南西流して防府(ほうふ)市で周防灘(すおうなだ)に注ぐ。流域は花崗(かこう)岩地帯で、しばしば土石流災害が起きた。上流に良質のアカマツ材を産する滑山(なめらやま)国有林、中流に佐波川ダム(大原(おおはら)湖)がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐波川
さばがわ

山口県の中央部を流れる川。延長56キロメートル、流域面積446平方キロメートル。島根県境の冠山(かんむりやま)山地に発し、南西流して周防灘(すおうなだ)に流入する。流域のなかばは花崗(かこう)岩地で土砂の流出が著しく、下流に県下最大の防府(ほうふ)平野を形成し、その豊富な伏流水は防府市の上水道、工業用水に多量に利用される。上流には赤松の良質材で有名な滑山(なめらやま)国有林があり、県営多目的ダムの大原湖周辺は長門峡(ちょうもんきょう)県立自然公園の一部をなしている。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐波川の関連情報