コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐波川 さばがわ

5件 の用語解説(佐波川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐波川
さばがわ

山口県の中央部を南流する川。全長約 56km。島根県との県境付近の山地に源を発し,南西流して中流部で支流島地川を合せ,防府市で大海湾に注ぐ。上流の佐波川ダムによる大原湖長門峡県立自然公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さば‐がわ〔‐がは〕【佐波川】

山口県中央部を流れる川。島根県との境の冠山(かんむりやま)山地に源を発し、佐波川ダム(大原湖)を南流してさらに南西流し、防府(ほうふ)市北西部で周防(すおう)灘に注ぐ。長さ56キロ。下流に県内最大の防府平野を形成、流域は有数の穀倉地帯。鯖(さば)川。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さばがわ【佐波川】

山口県中部を流れる川。鯖川とも書く。佐波郡徳地(とくじ)町の北東部の県境山地に発し,ほぼ南西流して防府市で周防灘に入る。幹川流路延長56km,全流域面積446km2。上流にはアカマツの良材を産する滑山(なめらやま)国有林があり,中流には1956年完成の県営佐波川ダム(大原湖)があって農業用水と防府市の工業用水を供給している。支流島地川との合流点に徳地町の中心集落堀があり,80年,近くに中国自動車道の徳地インターチェンジが設置された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山口県〕佐波川(さばがわ)


山口県中部を流れる川。1級河川(佐波川水系)。延長56km。流域面積460km2。鯖(さば)川とも書く。島根県境の三ツヶ(みつが)峰(標高970m)に源を発し、南西流して防府(ほうふ)市で周防灘(すおうなだ)に注ぐ。流域は花崗(かこう)岩地帯で、しばしば土石流災害が起きた。上流に良質のアカマツ材を産する滑山(なめらやま)国有林、中流に佐波川ダム(大原(おおはら)湖)がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐波川
さばがわ

山口県の中央部を流れる川。延長56キロメートル、流域面積446平方キロメートル。島根県境の冠山(かんむりやま)山地に発し、南西流して周防灘(すおうなだ)に流入する。流域のなかばは花崗(かこう)岩地で土砂の流出が著しく、下流に県下最大の防府(ほうふ)平野を形成し、その豊富な伏流水は防府市の上水道、工業用水に多量に利用される。上流には赤松の良質材で有名な滑山(なめらやま)国有林があり、県営多目的ダムの大原湖周辺は長門峡(ちょうもんきょう)県立自然公園の一部をなしている。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐波川の関連キーワード蛇尾川猿ヶ石川矢作川吉田川ロアール川山口県防府市佐波徳地〈町〉山口県防府市西佐波令山口県防府市東佐波令小瀬川

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐波川の関連情報