コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関泰祐 せき たいすけ

1件 の用語解説(関泰祐の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

関泰祐 せき-たいすけ

1890-1988 大正-昭和時代のドイツ文学者。
明治23年10月25日生まれ。旧制の新潟高,静岡高,一高の教授,水戸高校長をへて,一橋大,学習院大,国士舘大の教授を歴任。ゲーテ,トーマス=マン,ヘッセなどおおくの翻訳で知られる。昭和63年2月10日死去。97歳。京都出身。東京帝大卒。随筆集に「春風秋水帖」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

関泰祐の関連キーワード池田浩士伊藤吉之助内山貞三郎江間道助上村清延関口存男鼓常良土居君雄土井直作聖園テレジア