コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関節拘縮 かんせつこうしゅくjoint contracture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関節拘縮
かんせつこうしゅく
joint contracture

正常な関節はそれぞれ一定の可動域をもっているが,これが制限され,屈曲伸展が困難になる状態をいう。病理学的には関節包,靭帯筋肉筋膜皮下組織,皮膚などが線維化することによって,伸展性を減じている状態である。原因としては脱臼,骨折,関節炎,やけど,中枢神経麻痺による筋肉の短縮,長期間の関節固定などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関節拘縮の関連キーワード先天性筋ジストロフィー(福山型)フロッピーインファント自立支援医療制度ボツリヌス療法ホーキング青山関節可動域作業療法理学療法褥瘡拘縮強直

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関節拘縮の関連情報