闇龗(読み)くらおかみ

精選版 日本国語大辞典「闇龗」の解説

くら‐おかみ【闇龗】

(「くら」は、「おかみ」は雨や雪をつかさどる蛇身の神の) 記紀に見える谷間の水の神。伊邪那岐命が火の神迦具土(かぐつち)を斬ったとき、その剣(つるぎ)の柄(つか)からしたたる血が化して生まれたとされる。くらおかみの神。
※書紀(720)神代上(兼方本訓)「復劔の頭(たかみ)より垂(したた)る血、激越(そそ)きて神と為る。号けて闇龗(クラヲカミ)と曰す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「闇龗」の解説

くら‐おかみ【×龗】

《「くら」は谷、「おかみ」は竜神の意》記紀神話で、高龗たかおかみとともに水をつかさどる竜神。京都の貴船きぶね神社奥宮の祭神

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android