防府市青少年科学館(読み)ほうふしせいしょうねんかがくかん

防府市歴史用語集の解説

防府市青少年科学館

 1998年(平成10年)に開館しました。愛称はソラール。スペイン語で太陽のエネルギーという意味です。ひとつの台に6つの望遠鏡を持つ太陽望遠鏡ドームで太陽の観察を行っています。 館内では特別展、企画展や工作教室が開かれて、多くの人々を集めています。

出典 ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について 情報

日本の美術館・博物館INDEXの解説

ほうふしせいしょうねんかがくかん 【防府市青少年科学館】

山口県防府市にある自然・科学博物館。平成10年(1998)創立。愛称「ソラール」。太陽を中心に宇宙や自然について紹介する学習施設。リアルタイムの太陽の映像が見られる太陽望遠鏡などがある。
URL:http://www6.ocn.ne.jp/~solar/
住所:〒747-0809 山口県防府市寿町6-41
電話:0835-26-5050

出典 講談社日本の美術館・博物館INDEXについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

防府市青少年科学館の関連情報