コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防御反射 ぼうぎょはんしゃdefence reflex

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうぎょはんしゃ【防御反射 defence reflex】

生体に疼痛刺激のような有害な刺激(侵害刺激)を加えると,この刺激を回避するような反射が起こる。これを防御反射といい,多くのシナプスを介した多シナプス性の反射である。この反射は,実験的には上位中枢から脊髄への影響を取り除いた動物(脊髄動物)でよくみられ,臨床的には脊髄を横切断するような障害のある患者で特徴的である。屈曲反射および脊髄動物でみられる引っかき反射などは防御反射の例である。屈曲反射は,肢の皮膚,筋肉等に侵害刺激が加えられると,その肢の関節がすべて屈曲して,肢を刺激から遠ざける反射である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の防御反射の言及

【屈曲反射】より

…釘などを踏んだ足を無意識のうちにもち上げるなどが,その例である。屈曲反射は,肢を引っ込めて有害な刺激から逃避する反射(防御反射)に含まれる。この反射の際に収縮する筋,弛緩する筋を,それぞれ機能的な屈筋,伸筋と呼ぶ。…

※「防御反射」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報