防火戸(読み)ボウカト

リフォーム用語集「防火戸」の解説

防火戸

建築基準法上、防火地域・準防火地域の一定条件下の建物耐火建築物や準耐火建築物の延焼の恐れのある部分の外部開口部などに設けることを義務づけられているもの。防火は甲種防火戸と乙種防火戸の2種に分類されている。→延焼の恐れのある範囲・乙種防火戸

出典 リフォーム ホームプロリフォーム用語集について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「防火戸」の解説

防火戸
ぼうかど
fire door; fire check door

火災の延焼または拡大を防止するために,建物の外壁内部防火区画などの開口部に設ける戸やをいう。建築基準法施行令では甲種防火戸と乙種防火戸があり,それぞれ仕様が詳しく定められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「防火戸」の解説

ぼうか‐ど バウクヮ‥【防火戸】

〘名〙 火災の延焼を防止するため、建物の外や内部の開口部に設ける耐火性の戸。防火扉。〔建築基準法(1950)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android