コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防火戸 ぼうかどfire door; fire check door

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

防火戸
ぼうかど
fire door; fire check door

火災の延焼または拡大を防止するために,建物の外や内部の防火区画などの開口部に設けるや窓をいう。建築基準法施行令では甲種防火戸と乙種防火戸があり,それぞれ仕様が詳しく定められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

リフォーム用語集の解説

防火戸

建築基準法上、防火地域・準防火地域の一定条件下の建物や耐火建築物や準耐火建築物の延焼の恐れのある部分の外部開口部などに設けることを義務づけられているもの。防火戸は甲種防火戸と乙種防火戸の2種に分類されている。→延焼の恐れのある範囲・乙種防火戸

出典|リフォーム ホームプロリフォーム用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうかど【防火戸】

火災の拡大を防ぐ目的で設置される戸。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

防火戸の関連キーワード乙種防火戸(乙防)防火シャッターガラスブロックシャッター防火ガラス網入ガラス防火構造シャッタ防火雨戸防煙区画目的車庫火災

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

防火戸の関連情報