コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防空兵器システム ぼうくうへいきシステムair defense weapon system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

防空兵器システム
ぼうくうへいきシステム
air defense weapon system

侵入してくる外部の航空機やミサイルを早期に発見し,要撃戦闘機地対空ミサイルで撃破するシステム。自衛隊による防空作戦の一例として,全国 28ヵ所に配置したレーダーサイトや早期警戒システムによって敵航空機の早期発見を行ない (第1段階) ,次いでバッジ・システムによって目標の識別と要撃管制を実施し (第2段階) ,要撃戦闘機と地対空誘導弾により目標を迎撃する (第3段階) 。地対空誘導弾部隊として,高空域防空用のナイキJと新鋭パトリオットを配備する6個高射群 (航空自衛隊) と,低空域防空用の改良ホークを配備する8個高射特科群 (陸上自衛隊) があり,全国に配備されている。さらに近年は弾道ミサイルに対処するため,戦域ミサイル防衛 (TMD) の構想も打ち出されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android