阿修羅王(読み)あしゅらおう

精選版 日本国語大辞典「阿修羅王」の解説

あしゅら‐おう ‥ワウ【阿修羅王】

仏語。阿修羅道の王。経により数々の王名が見られる。法華経には婆稚(ばち)、佉羅騫駄(きゃらけんだ)、毗摩質多羅(びましったら)羅睺(らごら)の四王をあげる。
今昔(1120頃か)三「阿修羅王と云ふ者有り、身の(せい)、極て大き也」 〔法華経‐序品〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android