阿修羅道(読み)あしゅらどう

精選版 日本国語大辞典「阿修羅道」の解説

あしゅら‐どう ‥ダウ【阿修羅道】

〘名〙 仏語。六道の一つ。阿修羅の住む所。鬼畜または天に属するとし、また、天、人とともに三善道の一つとする。修羅道。阿修羅界。修羅界。
往生要集(984‐985)大文「第四明阿修羅道者、有二」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「阿修羅道」の解説

あしゅら‐どう〔‐ダウ〕【×阿修羅道】

六道の一。阿修羅の住む、争いや怒りの絶えない世界。また、そういう生存のあり方。修羅道。修羅界。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android