コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿弭古 あびこ

1件 の用語解説(阿弭古の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あびこ【阿弭古】

日本古代の(かばね)の一つ。阿比古,我孫,吾孫とも表記され,古くは朝廷内部に関係する職掌名であったものが,姓となり,また氏名にもなっている。《日本書紀》仁徳43年9月条に〈依網屯倉(よさみのみやけ)の阿弭古〉とみえる例からすると,畿内に置かれた屯倉(みやけ)のように朝廷と深い関係にある地方官に任ぜられる場合もあったともいわれている。阿弭古の語義は諸説あるが,りっぱな男子の意であるヒコ(比古,彦)に親しみをあらわす接頭語ア(吾,我)を冠したものか。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone