コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿毘達磨倶舎論 あびだつまくしゃろん Abhidharmakośa

1件 の用語解説(阿毘達磨倶舎論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿毘達磨倶舎論
あびだつまくしゃろん
Abhidharmakośa

世親著。説一切有部の教学を批判的に扱った部派仏教に関する百科全書的著作。「倶舎論」と略称する。4~5世紀頃成立。8章より成り,付録として破我品という1章をもつ。第1,2章で現実世界の要素,第3章に生物的世界,物質的世界,第4章に輪廻の原因である業,第5章に煩悩,第6章に悟りにいたる段階,第7章に悟るための智慧,第8章にその智慧を得るための瞑想を説き,破我品では存在には統一的実体があるとする見解を批判している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿毘達磨倶舎論の関連キーワード迦多衍尼子衆賢世親説一切有部大毘婆沙論一切有為一切有情有部批判的無著

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone