阿育王山(読み)アイクオウザン

大辞林 第三版の解説

あいくおうざん【阿育王山】

中国、浙江省寧波ニンポーの東にある山。晋しんの太康年間(280~289)に劉薩訶がアショーカ王の舎利を得て、ここに塔を建ててまつった。のち、山中に阿育王寺が建立された。宋五山の一。育王山。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android