コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舎利塔 シャリトウ

デジタル大辞泉の解説

しゃり‐とう〔‐タフ〕【舎利塔】

仏舎利を納める塔。仏塔を意味するが、中国・日本などでは室内に安置する仏塔形の小型の工芸品をさすことも多い。後世、水晶珠など小粒の硬い石を納め、仏舎利と同様に尊崇した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

舎利塔【しゃりとう】

舎利を安置するために作られた室内に置く小塔。本来は塔はすべて舎利塔であるが,鎌倉時代には,舎利殿法隆寺円覚寺)が建てられるようになり,その中に置くための小塔が作られるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しゃりとう【舎利塔】

寺院で、仏舎利を安置する小さな塔。骨塔。
宝珠に火焰のあるもの。多く舎利塔の頂にあるのでいう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舎利塔
しゃりとう

舎利」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

舎利塔の関連キーワード静岡県御殿場市東田中西大寺(奈良市)本山寺(岡山県)ミールプルカース二上山(富山県)ワットプラケーオ岐阜県美濃市上野カトマンズの谷ビンギエム寺棲霞寺石窟胡宮神社覚海円成国泰寺跡藤井日達玉虫厨子海竜王寺唐招提寺舎利容器阿育王山阿育王寺

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舎利塔の関連情報