コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿部正武 あべ まさたけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿部正武 あべ-まさたけ

1649-1704 江戸時代前期の大名。
慶安2年6月15日生まれ。阿部正能(まさよし)の長男。父の跡をつぎ,延宝5年武蔵(むさし)忍(おし)藩(埼玉県)藩主阿部家3代となる。奏者番兼寺社奉行をへて,延宝9年老中となる。また「武徳大成記」30巻の編修を惣奉行として推進した。将軍徳川綱吉の信任あつく2回加増され,10万石を領した。宝永元年9月17日死去。56歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

阿部正武

没年:宝永1.9.17(1704.10.15)
生年:慶安2.6.15(1649.7.24)
江戸前期の大名。正能と牧野信成の娘の子。延宝5(1677)年7月遺領を襲い,武蔵国忍藩(埼玉県)8万石の藩主となる。雁の間詰め。8年徳川綱吉が5代将軍になると,閏8月には奏者番,寺社奉行兼帯,天和1(1681)年3月から死去するまで24年間老中として,綱吉の治世を助けた。3年には武家諸法度の頒布に携わり,貞享3(1686)年には『武徳大成記』編纂の惣奉行,元禄11(1698)年金銀改鋳の惣奉行,宝永1(1704)年湯島聖堂再建の惣奉行を務めた。この間,貞享3年,元禄7年に各1万石加増され10万石を領した。また,忍藩の所領の整理,法制の整備,城郭の大修築を行い,藩体制の確立に努めた。学問好きで知られ,儒者三宅尚斎を招き藩内に文武を奨励,将軍綱吉の前で『論語』を講じた。<参考文献>川澄次是編「公余録」1,2(児玉幸多校訂『阿部家史料集』1巻)

(泉正人)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

阿部正武 (あべまさたけ)

生年月日:1649年6月15日
江戸時代前期;中期の大名
1704年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の阿部正武の言及

【忍藩】より

…武蔵国埼玉郡に藩庁を置いた譜代中藩。戦国末期,成田長泰・氏長の居城であったが1590年(天正18)豊臣秀吉の関東攻略により落城。同年8月徳川家康は深溝(ふこうず)松平家忠を利根川沿岸諸村1万石の地に配置した。家忠は伊奈熊蔵らの検地をうけた後,領地の経営にあたったが92年(文禄1)下総国上代(かじろ)に転じ,同年東条松平忠吉が10万石で入封し,成田氏旧臣などを加え家臣団を強化した。また95年利根川の流路変更の大工事を達成し,耕地の拡大に成功した。…

※「阿部正武」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

阿部正武の関連キーワード紀伊国屋文左衛門生年月日阿部正喬中期