院内総務(読み)いんないそうむ(英語表記)whip

翻訳|whip

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「院内総務」の解説

院内総務
いんないそうむ
whip

議会運営や法案審議などの責任を負う政党幹部。院内幹事ともいう。イギリスではチーフ・ホイップは閣僚職であり,議案採決に際して所属議員に党議拘束を徹底させる役割をになう。これに対しアメリカでは,各院における各リーダーをさすにすぎない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「院内総務」の解説

いんない‐そうむ ヰンナイ‥【院内総務】

〘名〙 アメリカの政党で、議院内での党活動の指導と、党規律維持にあたる役員。多数党では、各種委員会の委員長として、政策決定にも支配力を持つ。上下両院に一人ずつ、議員総会で指名される。〔新時代用語辞典(1930)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「院内総務」の解説

いんない‐そうむ〔ヰンナイ‐〕【院内総務】

米国の政党の幹部役員で、議院内で党員を指導し、党の規律の維持にあたる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android