コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

党議拘束 とうぎこうそくparty discipline

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

党議拘束
とうぎこうそく
party discipline

政党が所属の議員の行動を党議によって拘束すること。通常,議会での採決にあたって行われ,所属議員がその党議に従わない場合は,党内懲罰の対象となる。議院内閣制を採用する国では,党議拘束が強いのが一般的である。ただし実際の党議拘束は各国の政党のあり方と深く関係しており,政党の影響力の弱いアメリカではまったくといってよいほど行われていないし,イギリスでは法案の重要度に応じて党議拘束に強弱がつけられており,造反投票もみられる。日本の政党は党議拘束がきわめて強く,議員個人の院内活動には大きな制約が課せられている。政党を単位とする議会運営を円滑に行うためには不可欠なものであるが,過度の党議拘束は政党間の対立を助長し,審議機能を阻害し,議会政治の活性化を妨げることにもなる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

党議拘束

議案の賛否について政党、会派の決めた方針が議員を拘束する原則をいう。重要案件でこれに反した行動をとると制裁を受ける場合が多い。近年は、議員個人の思想・信条にかかわるような議案については党議拘束を外す例も増えている。臓器移植法は大半の政党が個人の判断に任せた。日の丸・君が代を国旗・国歌とする法案では、民主党が党内を一本化できず、党議拘束を外した。参院改革論議では、党議拘束緩和もテーマだ。郵政民営化法案をめぐる自民党内の論争では、総務会で法案を多数決で決め、党議拘束をかけたと主張したが、反対派は党議拘束がかかっていないと反論した。

(星浩 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とうぎ‐こうそく〔タウギ‐〕【党議拘束】

議会での採決に際し、所属政党の決議に従って投票するように議員を束縛すること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

党議拘束の関連キーワードロッグローリング党員資格停止自由討議制革新倶楽部交叉投票院内総務自主投票政党投票

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

党議拘束の関連情報