コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陶官鼠 すえ かんそ

1件 の用語解説(陶官鼠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

陶官鼠 すえ-かんそ

1733-1803 江戸時代中期-後期の俳人。
享保(きょうほう)18年生まれ。伊豆(いず)三津(みと)(静岡県)の人。松木乙児(おつじ)の門人。師の号六花(りっか)庵をつぎ,沼津に新庵をむすぶ。乙児没後は大島蓼太(りょうた)に師事。駿府(すんぷ)や仙台に句碑をたて,松尾芭蕉(ばしょう)の顕彰につとめた。享和3年6月1日死去。71歳。本名は大村定八。別号に山南陳人。句集に「官鼠歳旦集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

陶官鼠の関連キーワード太田九井大橋宗順神崎寛済桜井栗堂三鍼諏訪幾平樗雲出目満真蓑内可董山下池亭

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone