陸豊(読み)りくほう

  • りくほう / ルーフォン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国、広東(カントン)省南東部の県級市。汕尾(さんび)地級市に属する。人口135万8265(2010)。市政府所在地は碣石(けっせき)湾に臨む東海鎮。1923~1925年に彭湃(ほうはい)の指導する農民運動が起こり、1927年の国共分裂後は農民が蜂起(ほうき)し、隣接する海豊(かいほう)県とともに革命政権(海陸豊ソビエト)を樹立し、約1年間これを維持した。産業は機械、化学製品、製薬、水産加工などが盛んで、これらの工場は陸豊産業園区(産業団地)に集中する。交通は道路が中心で、広州(こうしゅう)、深圳(しんせん)に直通バスが通じる。海路では烏坎(うかん)、甲子(こうし)、碣石、湖東(ことう)、金(きんそう)の5港がある。

[青木千枝子・河野通博・編集部 2017年1月19日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の陸豊の言及

【海陸豊蘇維埃】より

…中国最初のソビエト政権。広東省東部の海豊県と陸豊県に1927年11月から翌年2月にかけて存在した。蔣介石の反革命化とともに,〈小モスクワ〉といわれた海豊にも反動化の波がおしよせたが,それに抗して海豊人民は27年4月,9月に蜂起した。…

※「陸豊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android