コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸閘 リクコウ

デジタル大辞泉の解説

りく‐こう〔‐カフ〕【陸×閘】

《「りっこう」とも》道路上に設けてある、堤防の役割を果たす開閉可能な門扉漁港、海岸への出入り口河川沿いの道路に設置される。通常時は車両や人の通行のために開いているが、河川の増水時や高潮津波に備える際などに閉鎖する。

りっ‐こう〔リクカフ〕【陸×閘】

りくこう(陸閘)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陸閘の関連情報