コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陽侯玲璆(読み)やこの れいきゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

陽侯玲璆 やこの-れいきゅう

?-? 奈良時代の官吏。
天平感宝(てんぴょうかんぽう)元年(749)東大寺大仏造営のため兄弟3人とともにおのおの銭1000貫を寄進し,八位上から外(げ)従五位下にのぼる。天平宝字(てんぴょうほうじ)4年渤海(ぼっかい)国使の送使として渡海する。藤原仲麻呂の乱で失脚したらしいが,宝亀(ほうき)9年にゆるされ,尾張守(おわりのかみ)などを歴任した。名は令璆ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android