国使(読み)コクシ

精選版 日本国語大辞典の解説

こく‐し【国使】

〘名〙
国家の命を受けて外国に派遣される使者。
※万国公法(1868)〈西周訳〉二「是れ皆僅かに条約或は国使商定に依て定りたる諸権を操ることを得」 〔漢書‐宣帝紀〕
② 国司が朝廷に派遣する使者。
※貞観交替式(868)貞観二年九月一七日宣旨「而今聞、或国使等弃之、不以為一レ意、勘損益了、則争自帰国」
③ 国司が国内の政務執行のために、現地に派遣する官人。国衙使(こくがし)
※東南院文書‐天平神護二年(766)九月一九日・足羽郡司解「国使医師外従八位下六人部東人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android