隅に置けない(読み)スミニオケナイ

  • =置(お)かれぬ
  • すみ
  • に= 置(お)けない
  • 隅(すみ)に置け◦ない

精選版 日本国語大辞典の解説

思いのほかに知識・才能・技量があって、油断できない。案外に世間を知っていてばかにできない。抜け目がない。
※洒落本・広街一寸間遊(1778)「おまへもすみにはおかれぬワイ」
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「昨夜と云ひさ、又今の見舞に出掛けた手際と云ひ、如何して隅へは置けません」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android