コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見舞(い) ミマイ

デジタル大辞泉の解説

み‐まい〔‐まひ〕【見舞(い)】

病人や災難にあった人などを訪れて慰めたり、書面などで安否をたずねたりすること。また、その手紙や贈り物。「病人の見舞いに行く」「暑中見舞い」「火事見舞い」「陣中見舞い
見回ること。巡視。巡回。
「今日は畠へ―に参らばやとぞんずる」〈虎明狂・竹の子
訪ねること。訪問。
「久しう―にもまゐらぬ程に、―に参らうと思うて出てをりやらします」〈虎明狂・鬼の継子

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みまい【見舞】

今日では一般に病気や災害など不幸なできごとに遭遇した者を慰めるために訪問することをいい,またその際なされる贈物を呼ぶ。火事や水害などの見舞はもっぱら経済的援助を旨とする。ただしかつての伝統的な村落生活などにおいては,見舞と呼ばれるものは必ずしも不幸なときのみなされたものではなく,葬式の際の通夜見舞忌中見舞といった例に加えて,出産時の産見舞,家を新築する際の普請見舞旅行者の家族への留守見舞,また農繁期田植見舞や季節的な暑中見舞寒中見舞など,なされる状況は多様であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の見舞(い)の言及

【贈物】より

…貢物も献上品である。これに対し地位にかかわりなく相手への援助を旨とする贈物は見舞と称される。また旅の帰りや訪問など人の移動に伴う贈物が土産(みやげ)であり,このほか祝福や感謝の印としての御祝や御礼など,日本の贈物には状況に応じて名目の区別がある。…

※「見舞(い)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

見舞(い)の関連キーワード被災者生活再建支援法の見直し論議第五福竜丸とビキニ事件船客傷害賠償責任保険自動車事故見舞金共済失火見舞い費用保険金旅行事故対策費用保険犯罪被害者救援基金失火見舞費用保険金公選法147条の2あいさつ状の禁止旅行業者費用保険水俣病第1次訴訟災害共済給付制度旅行特別補償保険賦課式共済事業新大久保駅事故アジア女性基金石田 あき子日本煙火協会福祉共済制度

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android