コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆長 りゅうちょう

1件 の用語解説(隆長の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

隆長 りゅうちょう

1586-1656 江戸時代前期の僧。
天正(てんしょう)14年生まれ。真言宗。武蔵(むさし)倉田(埼玉県)明星院の祐長,京都智積(ちしゃく)院の日誉にまなぶ。寛永16年智積院で元寿より灌頂(かんじょう)をうける。慶安元年智積院5世となった。4年僧正。明暦2年10月9日死去。71歳。越後(えちご)(新潟県)出身。俗姓は柳。字(あざな)は円精。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

隆長の関連キーワード万霊光誉池田政周桑村盛弘高巌薫道極円清水如水順専乗阿必夢妙庵