コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆長 りゅうちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

隆長 りゅうちょう

1586-1656 江戸時代前期の僧。
天正(てんしょう)14年生まれ。真言宗。武蔵(むさし)倉田(埼玉県)明星院の祐長,京都智積(ちしゃく)院の日誉にまなぶ。寛永16年智積院で元寿より灌頂(かんじょう)をうける。慶安元年智積院5世となった。4年僧正。明暦2年10月9日死去。71歳。越後(えちご)(新潟県)出身。俗姓は柳。字(あざな)は円精。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

隆長の関連キーワード蜂須賀宗員藤原清輔高力高長吉口伝源義親源雅亮平仲兼天正

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隆長の関連情報