コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

随庸 ずいよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

随庸 ずいよう

1634-1689 江戸時代前期の僧。
寛永11年6月15日生まれ。真宗仏光寺派。摂政二条康道の猶子となり,尭然(ぎょうねん)入道親王にしたがい得度。明暦2年京都仏光寺門跡(もんぜき)となる。書画にすぐれ,後醍醐(ごだいご)天皇直筆の宗祖親鸞(しんらん)伝絵などを筆写して後水尾上皇に献上した。元禄(げんろく)2年3月29日死去。56歳。法名は尭導(ぎょうどう)。諡(おくりな)は良正院。著作に「渋谷勧章」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

随庸の関連キーワードマトスアルバフェリ壬生藩義山理忠中ロ関係落柿舎徳川忠長とお昌両口屋是清津山城

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone