コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠し衣装 カクシイショウ

2件 の用語解説(隠し衣装の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かくし‐いしょう〔‐イシヤウ〕【隠し衣装】

表は質素に、裏はぜいたくに仕立てた衣装。江戸時代、天和3年(1683)の衣装法度が出てからの風(ふう)で、隠し紋・隠し裏などがある。
遊里に行くときなどに、よそに預けておいて途中で着替える衣装。
「恋の中の中の中宿より―の物好き」〈浮・俗つれづれ〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かくしいしょう【隠し衣装】

表を質素に見せて、裏などを華美・豪華にした衣装。1683年に出た衣裳法度はつと以降生じた風潮。
江戸時代、よそに預けておき、遊里に行く時などに着替えた衣服。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隠し衣装の関連キーワード大袿額仕立て仕立て際贅を尽くす総裏対丈小鉤掛小鉤脚絆仕立て物贅沢仕立ての紀州梅飴

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone