コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠し衣装 カクシイショウ

デジタル大辞泉の解説

かくし‐いしょう〔‐イシヤウ〕【隠し衣装】

表は質素に、裏はぜいたくに仕立てた衣装。江戸時代、天和3年(1683)の衣装法度が出てからの風(ふう)で、隠し紋・隠し裏などがある。
遊里に行くときなどに、よそに預けておいて途中で着替える衣装。
「恋の中の中の中宿より―の物好き」〈浮・俗つれづれ〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくしいしょう【隠し衣装】

表を質素に見せて、裏などを華美・豪華にした衣装。1683年に出た衣裳法度はつと以降生じた風潮。
江戸時代、よそに預けておき、遊里に行く時などに着替えた衣服。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

隠し衣装の関連キーワード江戸時代隠し紋風潮遊里衣服

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android