隠れインフルエンザ(読み)かくれいんふるえんざ

知恵蔵miniの解説

隠れインフルエンザ

インフルエンザに感染しているものの、高熱をともなわない症状のこと。熱が38度未満のままで、鼻水や微熱が出る程度のケースが多いことから、インフルエンザに発症していることに気づきにくい。2010年代後半頃から注目されはじめた。咳や鼻水、喉の痛みといった症状が風邪よりも急に現れ、さらに関節痛や筋肉痛、倦怠感などがある場合は感染している可能性があるため、周囲への感染を防ぐためにも医療機関で受診することがすすめられている。

(2019-2-7)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android