隠事(読み)インジ

  • かくしごと
  • かくれごと
  • かくろえごと かくろへ‥
  • 隠事/陰事

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 人に悟られないように、ひそかに行なう事柄。秘密にしている事柄。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第一七「此躰ならは追付て露 隠事何そと人の問ひし時」
※人情本・三日月於専(1824)六回「あの男は兎角声が大きいから、どうも隠(カク)し事(ゴト)はならねえ」
〘名〙
※諸国風俗問状答(19C前)淡路国風俗問状答「かくれ事・鬼事・草履隠し・穴一・壁投等あり」
② 人目につかないようにひそかに行なう物事。秘密の事柄。
※一と踊(1921)〈宇野浩二〉六「何かかくれ事(ゴト)をしに行ったといふふうにみなされて」
〘名〙 人に知られないようにしてする事。秘密。かくしごと。
※源氏(1001‐14頃)帚木「忍び給けるかくろへごとをさへ、語りつたへけむ、人の物言ひさがなさよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android