雀踊・雀躍(読み)すずめおどり

  • すずめおどり ‥をどり

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 民俗舞踊の一つ。編み笠をかぶり、雀の模様の着物を着、奴(やっこ)の姿で踊る奴踊。江戸時代の祭礼の練物(ねりもの)として始まり、歌舞伎にも取り入れられた。《季・秋》
狂歌・雅筵酔狂集(1731)春「かくす年百になりても忘られぬすすめをどりや梅の花笠」
② 屋根の棟の端飾りをいう。
※高野山文書‐正徳五年(1715)一二月一〇日・山西次郎右衛門請書「大工方之善之綱右之雀躍より之を引き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android