コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雀部真人 さざきべの まひと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雀部真人 さざきべの-まひと

?-? 奈良時代の官吏。
内膳(ないぜん)司の典膳。「続(しょく)日本紀」によれば,天平勝宝(てんぴょうしょうほう)3年(751),真人の祖先で継体・安閑両天皇につかえた大臣(おおきみ)巨勢男人(こせの-おひと)の実際の氏は雀部であるとして巨勢からの改名をねがいでてゆるされたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

雀部真人

生年:生没年不詳
奈良時代官人。姓は朝臣。天平勝宝3(751)年2月,正六位下内膳司典膳のとき,次のように奏言した。「継体・安閑天皇の時代の大臣雀部朝臣男人は,同祖である巨勢の名をとり,治部省の系譜に誤って巨勢男人大臣と記されているが,それを雀部大臣と改め名を長代に伝えたい」と。この願いは許された。

(館野和己)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android