コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雀部真人 さざきべの まひと

2件 の用語解説(雀部真人の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雀部真人 さざきべの-まひと

?-? 奈良時代の官吏。
内膳(ないぜん)司の典膳。「続(しょく)日本紀」によれば,天平勝宝(てんぴょうしょうほう)3年(751),真人の祖先で継体・安閑両天皇につかえた大臣(おおきみ)巨勢男人(こせの-おひと)の実際の氏は雀部であるとして巨勢からの改名をねがいでてゆるされたという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

雀部真人

生年:生没年不詳
奈良時代の官人。姓は朝臣。天平勝宝3(751)年2月,正六位下内膳司典膳のとき,次のように奏言した。「継体・安閑天皇の時代の大臣雀部朝臣男人は,同祖である巨勢の名をとり,治部省の系譜に誤って巨勢男人大臣と記されているが,それを雀部大臣と改め名を長代に伝えたい」と。この願いは許された。

(館野和己)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雀部真人の関連キーワード内膳奉膳・内膳正兵庫県洲本市上内膳奈良県橿原市内膳町赤星内膳安曇継成阿部内膳池田内膳植田内膳渋江内膳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone