コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雁塔聖教序 がんとうしょうぎょうじょ Yan-ta-sheng-jiao-xu

2件 の用語解説(雁塔聖教序の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雁塔聖教序
がんとうしょうぎょうじょ
Yan-ta-sheng-jiao-xu

中国,陝西省西安市の慈恩寺大雁塔にはめこまれている聖教序碑。玄奘三蔵が永徴3 (652) 年,寺内に雁塔を建て,翌年塔上の石室に「聖教序碑」と「述聖記碑」の2碑を立てた。褚遂良の書。彼の代表的楷書で,細身でありながら大ぶりの悠然とした書風を示す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雁塔聖教序
がんとうしょうぎょうのじょ

聖教序とは新訳の経論に対して皇帝より賜る御製の序であるが、今日、648年(貞観22)唐の太宗が玄奘(げんじょう)の懇請によってつくった「大唐三蔵聖教序」がもっとも著名である。このとき、皇太子であった高宗も述聖記を撰(せん)した。唐の都長安(現西安)の大慈恩寺の大雁塔には、第一層の南面の両側に小室を設け、東側に聖教序碑、西側に述聖記碑をはめ込む。ともに、当時の能書で初唐の三大家として名高い遂良(ちょすいりょう)の書で、653年(永徽4)の年記が加えられている。碑はいずれも高さ177.8センチメートル、幅86.6~100センチメートルの黒大理石が使われており、良好な状態で伝存する。虞世南(ぐせいなん)や欧陽詢(おうようじゅん)の楷書(かいしょ)とは趣(おもむき)を異にした新しい楷書体で、伊闕仏龕碑(いけつぶつがんのひ)(641)、孟法師碑(もうほうしのひ)(642)などの遺品のなかでも、遂良独自の書風を完成させた最高傑作。楷書の範として尊重される。[島谷弘幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雁塔聖教序の関連キーワード慈恩寺雁塔京兆聖教序西安大慈恩寺小雁塔大雁塔山形県寒河江市慈恩寺興教寺

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone