コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欧陽詢 おうようじゅん Ou-yang Xun

6件 の用語解説(欧陽詢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

欧陽詢
おうようじゅん
Ou-yang Xun

[生]永定1(557)
[没]貞観15(641)
中国,初唐の書家。初唐四大家の一人。潭州臨湘 (湖南省) の人。字は信本。南朝陳の高官の家の出であったが,父が誅されたため苦しい生活を経て,文筆の才により隋,唐朝に仕え,官は太子率更令,弘文館学士にいたり,渤海県男となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おうよう‐じゅん〔オウヤウ‐〕【欧陽詢】

[557~641]中国、代初期の書家。潭(たん)州臨湘(りんしょう)(湖南省)の人。字(あざな)は信本。王羲之(おうぎし)の書法を学び、楷書の規範をつくる。初唐三大家の一人。高祖の勅命によって類書「芸文類聚(げいもんるいじゅう)」100巻を編集した。楷書にもっともすぐれ、碑刻に「九成宮醴泉銘(きゅうせいきゅうれいせんめい)」などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

欧陽詢【おうようじゅん】

中国,唐の書家。字は信本。潭州臨湘の人。楷書(かいしょ)にすぐれ,清峻(せいしゅん)な風格と均整のとれた書風をもつ。虞世南(ぐせいなん)と並んで唐代の代表的な書家。
→関連項目【ちょ】遂良

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おうようじゅん【欧陽詢 Ōu yáng Xún】

557‐641
中国,唐初の書家,学者。字は信本。潭州臨湘(湖南省長沙)の人。はじめ隋に仕え,唐になって高祖・太宗に仕え,渤海男に封ぜられた。太子率更令になったことがあるので,欧陽率更とも呼ばれる。元来学者で,高祖の時,勅命をうけて《芸文類聚(げいもんるいじゆう)》100巻を撰した。その書は今に伝わり,高い評価をうけている。太宗時代,虞世南とともに選ばれて弘文館学士となっている。書は王羲之の伝統をうけ,さらにそれを新時代の精神で,清勁・峻抜,均斉美のある書風をつくりあげ,虞世南・褚遂良(ちよすいりよう)とともに初唐の三大家として不動の地位を保っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おうようじゅん【欧陽詢】

557~641) 中国、初唐の書家。字あざなは信本。王羲之に学び八体をよくし、特に楷書にすぐれた。虞世南ぐせいなん・褚遂良ちよすいりようとともに初唐三大家の一人。「芸文類聚」一〇〇巻を撰進。代表作「九成宮醴泉銘」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

欧陽詢
おうようじゅん
(557―641)

中国、唐代を代表する書家。虞世南(ぐせいなん)遂良(ちょすいりょう)とともに初唐の三大家と称される。潭州(たんしゅう)臨湘(りんしょう)(湖南省)の人。陳の広州刺史(しし)欧陽(おうようこつ)の子で、字(あざな)は信本(しんぽん)。幼時に父を失い、父の友人江総のもとで養育された。生来聡明(そうめい)で、経書や史籍に通じ、隋(ずい)の煬帝(ようだい)に仕えて太常(たいじょう)博士となった。唐が興り高祖が即位すると、給事中に抜擢(ばってき)され、624年(武徳7)、勅命により、裴矩(はいく)、陳叔達(ちんしゅくたつ)とともに『芸文類聚(げいもんるいじゅう)』100巻を撰進(せんしん)。ついで、太祖即位後は、弘文館(こうぶんかん)学士となり、太子率更令(そつこうれい)、渤海男(ぼっかいだん)を経て、光禄大夫(こうろくたいふ)に任ぜられる。貞観(じょうがん)15年に85歳で没。書は飛白(ひはく)や篆書(てんしょ)以下各体をよくしたといわれるが、今日にみる遺品のなかでは楷書(かいしょ)がもっとも優れ、なかでも『化度寺碑』と『九成宮醴泉銘(きゅうせいきゅうれいせんのめい)』とは古来「楷法(かいほう)の極則」とまで賞賛されてきた名品。ほかに『皇甫誕(こうほたん)碑』『温彦博(おんげんはく)碑』『史事帖』などの作品が残る。子の欧陽通(?―691)も能書家として知られるが、遣唐使らによって舶載された彼ら父子の書法は、わが国の飛鳥(あすか)から平安時代の書にも少なからぬ影響を与えている。[松原 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の欧陽詢の言及

【書】より

…とくにその動きの中心となったのが,太宗李世民である。太宗は財力を尽くして王羲之の書の収集に努めるとともに,弘文館を設置し,王羲之の書風を伝える欧陽詢と虞世南を招いて,貴族の子弟に楷法を教授させた。また官吏を任用する際にも,〈楷法遒美(しゆうび)〉を審査の一基準とした。…

【唐】より

… 唐は隋に引き続き,行政や軍事といった国家の根幹にかかわる制度については,おもに北朝の伝統を受け継いだが,芸術や文学については,漢民族の伝統を守ってきた南朝の貴族文化を受け継ぐことが多かった。唐初の人物画の名手であった閻立本(えんりつぽん)は顧愷之(こがいし)の手法を発展させたし,初唐の三大書家といわれる虞世南欧陽詢褚遂良(ちよすいりよう)は王羲之の正統を伝えて楷書を完成させた。儒教においても,太宗が孔頴達(くようだつ)に命じて編集させた《五経正義》は,漢以来の古典解釈学を集大成したものであるが,多く南朝の学説が採用された。…

※「欧陽詢」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

欧陽詢の関連キーワード章美徐弘基鄭騰雲村井三益盧象昇松本龍澤顔桃陵褚遂良入木六科

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

欧陽詢の関連情報