コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雁塔 ガントウ

2件 の用語解説(雁塔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がん‐とう〔‐タフ〕【雁塔】

古代インドのマガダ国にあった雁供養の塔。菩薩(ぼさつ)が浄肉を食う僧を戒めようとして雁に化し、空から落ちて死んだ跡に塔が建てられたという「大唐西域記」の故事による
中国、西安市にある大慈恩寺および大薦福寺の塔。前者は大雁塔、後者は小雁塔とよばれる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

がんとう【雁塔】

古代インドのマガダ国にあった塔。 〔ある僧が空を飛ぶ雁を見て食べたいと思ったところ、一羽が地に落ちてきた。人々はこれを見て雁が戒をたれたのだとし、雁を葬って塔を建てたという「大唐西域記」の故事による〕
中国、西安の大慈恩だいじおん寺と大薦福だいせんぷく寺の塔。前者を大雁塔、後者を小雁塔という。
寺院の塔。 「三国無双の-也/太平記 21

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雁塔の関連キーワードナンダ朝パータリプトラ頻婆娑羅ビンビサーラ阿闍世寒林鶏雀寺鶏足山マガダ国・摩掲陀国・摩伽陀国マガダ

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

雁塔の関連情報