コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雁木車(読み)ガンギグルマ

デジタル大辞泉の解説

がんぎ‐ぐるま【×雁木車】

積み荷の上げ下ろしに用いる滑車の一。角材の横面をくりぬいて車をはめ込んだもの。綱を通し、高所につるして使用。
機械時計の部品で、長い歯をもつ歯車。原動力部と連動し、間欠的な往復運動などをつくりだす役をする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がんぎぐるま【雁木車】

積み荷の揚げ降ろしにつかう滑車の一。角材の横面をくりぬいて、車をはめこんだもの。せみ。
時計の部品で、アンクルとかみ合いアンクルを介して振り子または天府に力を与える歯の長い歯車。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android