雁門関(読み)がんもんかん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中国、山西(さんせい/シャンシー)省北部、代(だい)県の北方に位置する交通、軍事上の要地。滹沱河(こだが/フートゥオホー)と桑乾河(そうかんが/サンカンホー)の分水嶺(ぶんすいれい)である恒山(こうざん/ホンシャン)山脈を越える隘路(あいろ)として、古くから句注陘(くちゅうけい)の名で知られており、また句注塞(さい)の名もあるように、要害の地として軍事上も重視されていた。戦国時代、趙襄子(ちょうじょうし)が現在の河北(かほく/ホーペイ)省蔚(うつ)県付近にあった代国を紀元前457年に滅ぼした際も、前漢初期に高祖劉邦(りゅうほう)が匈奴(きょうど)の冒頓単于(ぼくとつぜんう)に白登(はくとう)山(山西省大同(だいどう/タートン)市付近)で包囲された際も、いずれも句注陘を越えている。唐になると、現在の雁門関の西側の雁門山上に関が設けられたが、宋(そう)においても、契丹(きったん)に対する防衛上重視された。その後、元(げん)によって一時廃止されたが、明(みん)初にふたたび現在の内長城沿いの位置に移設された。明代(1368~1644)には、モンゴル高原にあった諸部族が間断なく侵攻を繰り返したため、万里の長城に設けられた雁門関は、偏頭(へんとう)関(山西省偏関県)、寧武(ねいぶ)関(山西省寧武県)などとともに、山西三関の一つとして重要視された。

[關尾史郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の雁門関の言及

【山西[省]】より

…すべて標高1500m以上で,山間に長治,平定,晋城,寿陽等の盆地が散在し,太行山脈中には娘子関(じようしかん),天井関(てんせいかん)(太行関)など,山西高原から華北平原に通ずる重要な峠道がある。北の内長城線には雁門関(がんもんかん),平型関等の要害があり,とくに雁門関の南北では気候と農作物に大差がみられる。(3)晋西高原山地 黄河と晋中盆地との間にあって,呂梁(りよりよう)山脈を主軸とし中央部に位置する主峰の関帝山付近は標高2000m以上,南部は1500m前後。…

※「雁門関」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android