コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雅子内親王 がしないしんのう

2件 の用語解説(雅子内親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

雅子内親王 がしないしんのう

910-954 平安時代中期,醍醐(だいご)天皇の皇女。
延喜(えんぎ)10年生まれ。母は源周子。延喜11年内親王。承平(じょうへい)元年伊勢斎宮となるが,6年母の喪によりしりぞく。のち右大臣藤原師輔(もろすけ)にとつぎ,高光らを生んだ。天暦(てんりゃく)8年8月29日死去。45歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

雅子内親王

没年:天暦8.8.29(954.9.28)
生年:延喜10(910)
平安中期の伊勢斎宮。醍醐天皇と源周子の皇女。延喜11(911)年内親王となり,次いで四品となる。朱雀天皇の即位に伴い,承平1(931)年伊勢斎宮に卜定された。3年伊勢に群行し,奉仕すること2年と半ばにして,母周子の喪により,6年退下した。伊勢に赴く以前から,藤原敦忠と親交があり,帰京ののちもその親交は続いていたが,のちに藤原師輔と結婚し,高光,愛宮,為光,尋禅らを生んだ。

(谷口美樹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

雅子内親王の関連キーワード為子内親王恬子内親王喜子内親王妍子内親王好子内親王済子女王柔子内親王(2)隆子女王(1)時明親王源周子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone