コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集団犯罪 しゅうだんはんざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集団犯罪
しゅうだんはんざい

犯罪の成立上,多数の人が同一の目的に向って共同することを必要とする犯罪。集団犯ないし集合犯とも呼ばれる必要的共犯の一種。内乱罪 (刑法 77) ,騒擾罪 (106条) など。この犯罪の群集心理的,社会学的特質にかんがみ,集団的行動に関与した者をそれぞれの加担の度合に応じて処罰する。たとえば内乱罪においては,首魁,謀議に参与した者,付和随行者などが規定されている。独立の犯罪類型であり,集団の中の者については刑法総則の共犯規定の適用はない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

集団犯罪の関連キーワード暴力行為等処罰ニ関スル法律騒乱罪

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

集団犯罪の関連情報