コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雌性発生 しせいはっせいgynogenesis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雌性発生
しせいはっせい
gynogenesis

受精の際に行なわれる雄性前核と雌性前核との融合が行なわれずに,雌性由来の核を持つ個体発生をいう。このような発生による個体は,原腸 (発生初期に細胞が陥入して形成される腔壁) の形成を妨げるなどの障害を起こす。しかし,自然界には3倍体 (基本数の3倍の染色体を有する倍数体) のギンブナのように正常なプロセスとして雌性発生を行なう例もある。雌性発生は精子に対する放射線・X線・紫外線などによる処理により人為的に起こすことが可能である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

雌性発生の関連キーワード全雌魚(しぎょ)生産バイオテクノロジー

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android