コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雑袍 ザッポウ

デジタル大辞泉の解説

ざっ‐ぽう〔‐パウ〕【雑×袍】

直衣(のうし)のこと。ぞうほう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ざっぽう【雑袍】

直衣のうしの別名。ぞうほう。 「禁色-をゆり/平家 1

ぞうほう【雑袍】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の雑袍の言及

【直衣】より

…天皇,皇太子,親王,公卿が日常着として用いた。(ほう)の一種にあたる縫腋袍(ほうえきのほう)であるが,位階によって色が決められた位袍ではないため雑袍(ざつぽう)といわれた。直衣を着る装束の構成は衣冠とほぼ同じで,烏帽子(えぼし)に直衣,衵(あこめ),単(ひとえ),指貫(さしぬき)で,冬に檜扇(ひおうぎ),夏に蝙蝠(かわほり)扇を手にした。…

※「雑袍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

雑袍の関連キーワード直衣禁色

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android