雑袍(読み)ざっぽう

  • ざっぽう ‥パウ
  • ざっぽう〔パウ〕
  • ぞうほう ザフハウ
  • 雑×袍

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 直衣(のうし)をいう。平安時代以来、天子・摂家・公卿が平常に着用した衣服。ぞうほう。
※殿暦‐康和四年(1102)正月一九日「其次師重雑袍之宣旨并五位蔵人顕国、六位蔵人宗章禁色を被免云々」
※高野本平家(13C前)一「禁色雑袍(ザッハウ)をゆり、綾羅錦繍を身にまとひ」
〘名〙 直衣(のうし)をいう。ざっぽう。
※色葉字類抄(1177‐81)「雑袍 衣裳部 サフハウ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の雑袍の言及

【直衣】より

…天皇,皇太子,親王,公卿が日常着として用いた。(ほう)の一種にあたる縫腋袍(ほうえきのほう)であるが,位階によって色が決められた位袍ではないため雑袍(ざつぽう)といわれた。直衣を着る装束の構成は衣冠とほぼ同じで,烏帽子(えぼし)に直衣,衵(あこめ),単(ひとえ),指貫(さしぬき)で,冬に檜扇(ひおうぎ),夏に蝙蝠(かわほり)扇を手にした。…

※「雑袍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android