コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離島航路

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

離島航路

本州や九州など五つの本島を除く6847離島のうち有人離島は422。本島と離島、離島同士を結ぶ離島航路は98年度は343あったが、07年4月には313になった。博多―壱岐対馬を結ぶような幹線航路と異なり、構造的な赤字を抱え、他に有力な交通手段がない航路は「補助航路」と呼ばれる。98年度の127から07年度には122に減った。07年度の内訳は民営路線53、市町村立など公営45、第三セクターが24。国が赤字額の約6割、残りを県や市町村が補助した。

(2008-07-20 朝日新聞 朝刊 週刊九州)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りとうこうろ【離島航路】

離島航路という場合,本来の概念は本土と離島との間または離島相互間で旅客船,貨客船および貨物船等により旅客や貨物を輸送する航路を指すが,日本政府発表の白書や海運業界等の間では一般に〈離島航路整備法〉(2条2項)で定義されている,〈海上運送法〉(2条4項)の適用を受けて免許事業として営まれている離島の〈旅客定期航路〉の意味で使われている。【織田 政夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

離島航路の関連キーワード高浜(愛媛県)モーターボート地方交通問題佐世保(市)鹿児島(市)長崎(市)那覇[市]旅客船事業交通事業長崎湾呼子出島

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

離島航路の関連情報