コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

離散的 りさんてき

大辞林 第三版の解説

りさんてき【離散的】

( 形動 ) 〔discrete〕
連続的な集合の部分集合が、ばらばらに散らばった状態であること。この集合を離散的部分集合と呼ぶ。実数の中の整数全体がその例。量子力学では、物理量が離散的な値をとることが特徴。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

離散的の関連キーワードヘルマン‐ファインマンの定理組み合わせ数学・組み合せ数学アナログ‐ディジタル変換ショットキータイプ比熱量子井戸半導体レーザーナノエレクトロニクスデジタルコンピュータファインマンの定理ショットキー異常高速フーリエ変換量子ホール効果二変量確率分布ディジタル伝送ベクトル量子化ディングル温度スペクトル定理線スペクトルコンピュータ希薄気体力学アナログ伝送

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android