難民問題(読み)なんみんもんだい(英語表記)refugee problems

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

難民問題
なんみんもんだい
refugee problems

人種的,思想的,政治的理由によって母国で迫害されたため,または戦争災害のため外国に避難した者を難民 (または避難民) と呼び,この難民の保護・救済などに関する問題をいう。最近では,難民は政治的理由によるものが大部分であり,人種的,思想的理由による難民も政治的理由と結びつくことが多く,これらを政治難民と呼ぶ。その個々の立場から亡命者と呼ばれる場合もある。第1次世界大戦後のロシア難民,1932年頃からナチスやファシストに迫害されたユダヤ人難民,第2次世界大戦後のパレスチナ紛争,ハンガリー動乱,スエズ動乱などによる難民,東ドイツから西ドイツへの難民,キューバ革命によるアメリカへの難民など,各種の難民に対して国際連盟,国際連合,受入れ各国などが法的,人道的,財政的,その他の保護を与えてきた。近年では,ベトナム戦争後のインドシナ難民問題やアフリカにおける飢餓難民,中国から流出する経済難民,またソ連・東ヨーロッパ革命後の経済難民など,発生原因や発生源が多元化するようになっている。 (→国際難民機関 , 国連難民高等弁務官事務所 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

難民問題の関連情報